占い師なれる(向いている)人の特徴について


占い師関連 / 水曜日, 12月 6th, 2017

占い師になれる人の特徴ってなんだろう?

占い師というものは自分で名乗ってしまえば誰にでもなれる職業ということはご存知ですか?
簡単になれてしまうものなので中にはインチキな占い師もいるのが現状です。
占いを利用する方からすると本物の占い師なのかインキチ占い師なのかを見極めるのって難しいですよね…。

そんな占い師ってどんな人がなることができるのか気になりませんか?
これから紹介する項目に少しでも当てはまったらあなたも占い師になれる素質があるかもしれません。

勘が鋭い

占い師と言えば”勘が鋭い”というイメージが私にはあります。
まわりにいませんか?自分が考えていることを当てる人って。それがまさに勘が鋭いということ!

プロの占い師の方は霊感などを使って当てたりしますよね。
霊感がなくとも、直感・インスピレーション(俗に言う第六感)が鋭い人は占い師に向いています。

人の話を聞くのが苦じゃない

占い師はまず、悩みを持った相談者の話を聞いて鑑定を行いますよね。
そのほとんどがネガティブな内容であり、それをしっかりと聞いてあげられる人は向いてます。
また、聞くだけではなくその悩みの内容から相談者がどうして欲しいのかなどをくみ取ることが必要になっていきます。

常識がある

これは占い師だけではなくどんな仕事にも必要であたりまえなことです。
相談者も占い師もお互いに初めてなわけで、そこでいい加減な態度や発言をしてしまうのは失礼なこと。
鑑定の力が高いだけではなく、アドバイスを伝える立場上、しっかりとした態度で接しましょう。

努力家

占い師だからと言って何もしていないわけではありません。
占いについて勉強をしたり、相談内容に対応できるように勉強をしたりということが必要になってきます。
用は”向上心”がなければ占い師になっても続けることは難しいでしょう。
常日頃から色々なことに興味を持って勉強することができる人は向いています。

人生経験が豊富

占い師を見てみると普通の人とは違う経験をされている方が多いです。
人生経験が豊富だとその経験が鑑定に活かすことができます。
苦労した経験があるからこそ相談者の心に寄り添って鑑定をし、アドバイスをすることができるのです。

最後に

いかがですか。自分に当てはまるものはありましたか?
複数、当てはまったら占い師の素質があるかもしれません。

本格的に占い師になろうとお考えの方は【占い学校】についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。